「スペシャル減少量ダウン」は玄人好み

ギアパワー効果検証

どうも、玄人カイトです。
今回は「スペシャル減少量ダウン」のギアパワーについて検証したいと思います。前作「スプラトゥーン1」では、フェスTにこのギアパワーが付いていたので、前作からやっている人にはお馴染みのギアパワーですね。




スペシャル減少量ダウンの効果

自分が倒された時に、スペシャル必要ポイントが減少する量を減らします。

簡単に説明します。
スプラトゥーンでは、倒されて復活する時に、倒される前にたまっていたスペシャルゲージの量が半分になります。

それが、この「スペシャル減少量ダウン」のギアパワーを付けていると減る量が半分以下になるということです。つまり、残る量が増えます。

ただ、スペシャルウェポンを使用直後に倒されると、全く意味の無いギアパワーになります。

例えば、マルチミサイルなどは使用後に少し硬直がありますので、その時に倒されるケースがよくあるのですが、そんな時に意味がないということです。

スペシャル減少量ダウンの利点

では、「このギアパワーの利点は何なのか?」「なぜ玄人好みなのか?」という点を説明したいと思います。

初心者の方は、とりあえずスペシャルが溜まったら、すぐ使おうとすると思います。当たり前ですが、倒されたらスペシャルゲージが半分になってしまうので、ある意味賢明な選択です。

ただ、慣れてくると「スペシャルの使いどころ」を考えるようになります。威力の高いスペシャルも使いどころによって、効果的であったり、効果的でなかったりするわけです。

例えば「インクアーマー」は味方全員に効果があります。これを自分の都合で使っても、あんまり効果的ではありません。自分の目の前に相手が乗ったヤグラが迫ってきた! インクアーマーを使って突進だというようなケースです。

では、どういう時が効果的かというと、少なくとも味方全員が生きている時です。そして、味方全員が前衛に揃っている時なら更に効果的です。





同じように「アメフラシ」は味方がガチエリアを確保している時にガチエリアの上で使っても効果は薄いですよね。相手が確保している時、もしくは味方が確保しているなら、相手のスタート地点を塗るように使う方が効果的です。

つまり、スペシャルウェポンはスペシャルゲージが溜まったら、とにかくすぐ使うのではなく、「機を伺う」つまりタイミングを測って使うべきなのです。

ただ、機を伺っている時に不意打ちにあったりして倒される時もあるわけです。そんな時にこの「スペシャル減少量ダウン」のギアパワーが効果を発揮するというわけです。

このギアパワーを付けている人は、ある意味「スペシャルウェポンの使いどころを知っている玄人」と言えるわけです。

ギアパワー別の効果検証

今回は、チョウザメ造船でナワバリバトルを行い、ギアパワー別にスペシャルゲージが満タンの状態で倒されるまで戦いました。そして復活した時にスペシャルゲージがどれだけ残っているかを検証しました。

ギアパワー無し→スペシャルゲージは半分になります。

ギアパワーメイン1→スペシャルゲージの残量は約65%

ギアパワーメイン2→スペシャルゲージの残量は約75%

ギアパワーメイン3→スペシャルゲージの残量は約85%

という結果になりました。

メイン3積めば、満タンで倒されても、復活後すぐにスぺシャルを使えるような感じです。

実況検証動画




Posted by KITE