【スプラッシュシールド】再び改良ッ!

サブウェポン性能検証

どうも、シールド・カイトです。
今回は、Ver.3.0で改良された「スプラッシュシールド」について検証したいと思います。

スプラッシュシールドの性能

イカは公式ガイドブックからの引用です。

シャワーパイプを設置し、インクのシャワーによる壁を作り出す。相手の侵入や攻撃を防ぐために使うとよい。相手に攻撃されると、消滅までの時間が短くなる。複数を同時に設置することはできない。

インク消費量は60%、相手に与えるダメージは「30」です。
そして、Ver.3での改良点はイカの通りです。

・使用後のインクが回復し始めるまでの時間が約1秒間短縮。
・自分のシールドがステージ内にある場合にも、新しいシールドが投げられる。
新しいシールドを投げると古いシールドは消滅→要するにスプリンクラーと同じ仕様。
・設置後、シールドが展開するまでにかかる最短時間が約15/60秒間短縮。

スプラッシュシールドの効果的な使い方

最初は、守備側目線で考えます。
まず、相手が乗るガチヤグラの進路上が考えられます。先程、ダメージは30と書きましたが約3秒シャワーを浴びると確実に倒されます。シャワー以外のダメージを受けていれば、もっと早く倒されるということです。つまり、ヤグラに乗ったままスプラッシュシールドを通過しようとすると倒されますので確実にヤグラの侵攻を防げます。

 

次に考えられるのが、ガチホコの進路上への設置です。「アジフライスタジアム」「アロアナモール」「モンガラキャンプ場」「ハコフグ倉庫」などには、スプラッシュシールド1発で防げる狭いルートがあります。

また、「コンブトラック」の壁登りルートの壁の上に置くとか、「エンガワ河川敷」の端っこのルートやコンテナが入り組んでいる「ホッケふ頭」なんかで活躍しそうです。

攻撃目線で考えますと、ヤグラの上に乗せて盾として使うのが一般的です。これはページ最後の動画でも紹介していますので、良かったら見てください。これが上手くいけば、味方から「ナイス!」がもらえますw




スプラッシュシールドの悲劇

今作では、シューター系のブキにスプラッシュシールドが装備されていないのが、そもそも見かけない原因ですね。強化された「ボトルガイザー」に期待ですが、シェルター系普及のために犠牲になっているのだと思います。

どっちを使うかと言われれば、やはり使い慣れているスプラッシュシールドを使ってしまうので、現在は「推し」ではないのでしょう。

サブ性能アップによる強化

本来の効果は、シャワーパイプの耐久力アップですが、持続効果アップをアップしてもいいような気がします。それほど使用者が少ないので、、、。

検証方法

試し撃ち場で、バルーン相手に投げて与えるダメージとシャワー時間を計測します。

耐久度アップとシャワー時間の延長に因果関係があるのかどうかも合わせて見ていきます。

検証結果

イカはサブ性能アップのギアパワー別の検証結果です。
メイン「0」→7秒00
メイン「1」→7秒06
メイン「2」→7秒15
と、ここまでの検証でシャワー時間も若干ですが伸びていました。ところが

メイン「3」→7秒00

はぁ? 設定し忘れ?

バルーンが何か影響を与えたのかと思い、再度バルーンには当てずに計測しましたが、同じでした。

因みに「スプラッシュシールド」の耐久度はパブロ10発(30ダメージ)、バケットスロッシャー4発(70ダメージ)で破壊されましたので「280」です。

検証したところ、設置した瞬間は耐久度「300」で、時間経過とともに耐久度も減っていくような感じでした。

実況検証動画

Posted by KITE