【ボム二個投げ(二連発)】に必要なギアパワーは?

ギアパワー効果検証

どうも、ボマー・カイトです。
今回は、ボムを二個投げるには「インク効率アップ(サブ)」のギアパワーどれだけ必要かを検証したいと思います。

ボム二個投げとは?

二個投げと言っても「同時に」ではありませんし、あくまでも「インク量的に」二個投げられるということです。

それに、インクタンクが満タンであることが前提ですので、インクを塗っている時に急に相手が現れたからといって、二個投げられるわけではありません。

それでも、短い間隔でボムを投げられることは有利には間違いありません。

ボム二個投げの恩恵とは?

例えば、相手が乗っているヤグラに向かってキューバンボムを投げつける時も、一発で狙い通りのところに投げられれば問題ありませんが、外れた場合に二回目がすぐ投げられるというのはありがたいです。二回目ということで、微調整も出来て命中率も上がりますしね。

突然ですが、ここからはスプラトゥーンの本質に関する話になります。スプラトゥーンでは、同じようなブキ構成の相手とマッチングしやすいようになっています。

例えば、自分のチームが「シューター×2、ローラー×1、チャージャー×1」の構成なら、相手も「シューター×2、ローラー×1、チャージャー×1」の構成になりやすいです。

「自分のチーム全体のブキの総射程距離」対「相手チームのブキの総射程距離」のような感じだと思います。

ですから、同じような射程のブキ同士との交戦が多くなります。自分がスプラシューターを使っていたら、相手もスプラシューターという感じですね。

同じ射程で、同じくらいの「ウデマエ」ランクの相手と撃ち合うわけですから、どうしても五分五分となります。

簡単に言うと、圧倒は出来ないということです。

そこで、ボムの出番ということです。

ボムは射程が長く、相手の射程の外から投げれば、自分が倒されることなく、相手を倒せる可能性があります。

つまり、五分五分以上の戦いが期待できるということです。

以前、ボムだけで20キルという動画をアップしましたが、そこでも「ボムの恩恵」を説明しています。

サブウェポンの「インク消費量」一覧

各サブウェポンがインクタンクの何%消費するかということです。

インク消費量70%—スプラッシュボム、キューバンボム、カーリングボム、ロボットボム

インク消費量80%—スプリンクラー

インク消費量75%—ジャンプビーコン(Ver.1.3.0で変更)

インク消費量60%—ポイントセンサー、トラップ、スプラッシュシールド、ポイズンミスト(Ver.2で変更)

インク消費量40%—クイックボム

 ボム二個投げに必要なギアパワー

今回は、インク消費量70%のスプラッシュボム、キューバンボム、カーリングボム、ポイズンミスト、ロボットボムで検証しました。

これらを二個投げるのには、インク効率アップ(サブ)のギアパワーが、「メイン3+サブ2」必要です。もしくは「メイン2+サブ5」。このギアパワーで「クイックボム三連投」も可能です。
※「クイックボム」の記事はこちらをご覧ください。

因みに、ロボットボムは公式ガイドブックにもインク消費量70%と書いてありますが、これだけは二個投げ出来ませんでした。

どこかの更新で消費量が増やされたのかもしれません。
その後、インク効率アップ(サブ)のギアパワーは、サブウェポンによって効果が違うことが分かりました。

ロボットボム二個投げに必要なギアパワーは「メイン3+サブ6」です。※「ロボットボム」の記事はこちらをご覧ください。

実況解説動画

(動画を見ていただければ、インクタンクに表示されているボム投げ可能な目印が移動するのが分かります)

Posted by KITE